• 妊娠中に夫にやってもらって嬉しかった事、助かった事を教えてください。
36コメント 2015年11月5日

妊娠中に夫にやってもらって嬉しかった事、助かった事を教えてください。

1. 匿名 2015/11/05 02:17:30

半年後出産予定の妊婦です。
妻が妊娠している事をまだ実感してないみたいで、妊娠前を扱いがあまり変わってません。
自分は徐々に体の変化も感じられて、夫にも徐々にパパになる事を実感させたいです。
そして、マタニティブルーの予防のためにも夫にこれから協力してもらいたく、ママ先輩の妊娠中に夫にやってもらって嬉しかった事、助かった事の経験談を夫に教えたいと思います。

このトピックは夫に読んでもらいます。

ママ先輩、妊娠経験のある方!回答お願いします。

2. 匿名 2015/11/05 06:23:48

私は妊娠中に夫に妊娠線予防のクリームをお腹に塗ってもらったのがうれしかったです。
夫にとってもお腹の中の赤ちゃんに話しかけたりするいい機会になってましたよ。

3. 匿名 2015/11/05 08:48:24

やっぱり、買い物で重たいものを持って貰ったことですかね。
お腹が大きくなってくると、動くだけで大変ですし、中期以降は、主人の休みに食材の買い出しにいってました。
あと、お風呂掃除も頼みましたね。前屈みになるのが辛いので。

4. きぃ 2015/11/05 08:52:01

体調や体型の変化で、出来ないことが出てきたので、その都度伝えてやって貰いました。
「〇〇できないんだけど、お願い」と、少し大げさに言ってみるのもいいのでは?
体の変化を共有して貰えるんじゃないかな?

5. もっち 2015/11/05 09:34:47

妊娠前は全然家事を手伝う夫ではなかったのですが、妊娠初期にお医者さんから安静指示が出たとたん
『○○(私)は横になって休んでな~』と買い物、料理、後片付けなどほとんどしてくれるようになりました。
なんだ家事できるんじゃん!と思いましたが、『ありがとう!すっごい助かるよ~。うれしいな』など
褒めに褒めて安静解除が出た後も引き続き家事をしてもらってました。

6. 匿名 2015/11/05 09:59:57

まだお腹が目立っていないので旦那さんも妊婦さんの夫だという自覚がないのではないでしょうか?
お腹が大きくなれば自然と大丈夫?っていろいろ手伝ってくれるようになると思います。
私がやってもらってうれしかったのは、買い物のとき荷物をもってくれた・手伝いではないですが帰宅の度に「お腹どう?」って聞いてくれた、です!

7. 匿名 2015/11/05 10:01:58

毎朝ふとんをしまってくれたこと、お風呂掃除をやってくれたことが一番助かりました!
あと洗濯機から洗濯物を取り出す!かがむ動作がやはりつらいですよね。

8. 匿名 2015/11/05 10:43:22

つわりがひどいときにうどんだけは食べることが出来たのですが、そのうどんはずっと夫に作ってもらっていました。
感謝!

9. 匿名 2015/11/05 10:48:33

切迫流産で1週間くらい入院したのですが、会社に行く前と帰ってくるときと一日2回毎日お見舞いにきてくれて励ましてくれたのがうれしかったです。

10. 匿名 2015/11/05 11:50:31

奥さんの妊娠に大喜びしたご主人でさえ、赤ちゃんが家に来た途端「『いきなり』やって来て、すごい存在感だなー」と言う位、男性は実は妻の妊娠中は実感が無いようです。
やはり、重い物は妊婦さんは持たない方が絶対いいですね。
あまり色々言うよりは、本当に辛い時や困った時、「お願い出来る?」と頼んだ方が効果が大です。
あと私は、夫の方から胎動を手で感じたり、お腹の赤ちゃんに呼びかけたりした時、『2人の』子だと思っているのだなと嬉しかったです。
元気な赤ちゃんを!

11. 匿名 2015/11/05 11:51:16

妊娠中は重たい物を持てなくなるので、月1回の資源ごみ回収の日に、外まで出してもらうのが助かりました。
あとは、できなくなったことは、その都度話してやってもらったり、何かをしてもらうだけではなく、膨らんでいくお腹をみて一緒に話しかけたり後期に胎動が外からでもわかるようになったら見てもらったり触ってもらったり。やっぱり、男の人はなかなか実感わかないのも、無理ないことですよ。ゆっくりパパになってもらいましょ。

12. 匿名 2015/11/05 13:07:33

お風呂掃除やゴミ捨てや買い物の手伝いが嬉しかったです。
今では出来ていましたがお腹が大きくなると何をするのも大変です。
後は言わないとわからない事も多いので~手伝ってとはっきり言った方が伝わりやすいかもしれません。

13. 匿名 2015/11/05 14:09:48

皆さん書いてますが、1番はお風呂掃除ですかね。
とにかく屈む姿勢はきついですから、お願いしましょう。
あとはご主人のお休みの日に重たい物を買いに行くとか。
うちもそうでしたが、男性は父親になる実感が湧きにくいです。
それは確かに分かります。
産婦人科であった、夫も参加するマタニティ教室に無理やり連れて行って、
周りのご主人の協力的な様子を見たのと、妊婦と同じつらさを味わう
重たい抱っこひも?みたいなものを体に装着して、やっと分かったようですw

14. 匿名 2015/11/05 14:39:36

私はあまり悪阻がひどくなかったので、お腹が目立つようになるまでは、ほんと妊婦の扱いを受けていなかったのですが、やっぱりお腹がせり出してくると、旦那さんも気を使うようになりました。
皆さん言う通り、お風呂掃除はやってもらいました。あと、高いところにある物をとるのもおまかせしました。
一緒に寝ている時に、足がつる(後期になるとよくあります)と、夜中でも叩き起こして対処してもらいました。腰が痛くて寝られない時にマッサージをしてもらっていました。
こんな旦那さんでも、赤ちゃんには右往左往だったので、案外、メンタルトレーニングの方が男の人には必要なのかもしれません。

15. 匿名 2015/11/05 18:04:52

市とか病院で行っているママパパ教室みたいなのには、必ず一緒に参加して、重りを付けて妊婦体験とかもしてくれました。なんだか一緒に親になるという感じで嬉しかったです。

16. 匿名 2015/11/05 18:41:20

妊娠初期には、いろいろ不安だったのでちょっと精神不安定になっていました。
初期っておなかが出ているわけでもないし、まして男性には何の変化もないので、そういう気持ちについての理解が本当に少ないんですよね。
勿論、理解してくれる方もいるんでしょうが…。
してもらってうれしかったというか、してほしかったことになるんですが、体の中で命を育てているってことについてもっと理解してほしかったな~って思います。
難しいですけどね。
でも、重いものは率先して持ってくれていたので、そこはとても助かりました。

17. 匿名 2015/11/05 21:57:50

やはり身体の調子を気遣ってくれたのが一番うれしかったです。特に何かしなくても、気にかけてくれていて、大切にしてくれているのが感じられて、すごく嬉しかったし、気持ちも安定しました。
気遣いだけでなくて、月に一度の妊婦健診も病院までつきそいに来てくれたり、2人のうちに行っておきたいところに連れて行ってくれたりして、気持ちの面で大きな助けをもらいました。
仕事ものすごくがんばってたときに妊娠だったので、かなり気持ちが揺れたのですが、なんとか順調に元気な子を産めました。ありがとう。

18. 匿名 2015/11/05 23:30:33

つわりの時、臭いに敏感になっていて料理ができない事があったのですが、そんな時「ごめん夕飯作れそうにない」とメールをすると嫌な顔もせずに食事の用意をしてくれたことです。あとはお風呂掃除・重い物の買い物などです。お米の購入はは出産後もずっと夫の役目になりました。

19. 匿名 2015/11/06 10:53:07

妊娠がわかってから、積極的に買い物に付いてきてくれるようになりました。そして重い物を運んでくれます。買い物中の会話も楽しいもので、気分的にも盛り上げてくれてとてもありがたいです。

20. 匿名 2015/11/06 12:57:56

つわりで動くのもしんどくてご飯が作れない時は、外食して帰ってきて貰ってました。お弁当でも良かったのですが、片付けするのも面倒だし、お弁当の匂いでも気分が悪くなっていたので。。。食費がだいぶかかってしまいましたが、嫌な顔せず協力してくれました。

21. 匿名 2015/11/07 15:35:50

現在3人の育児をしております。1人目の妊娠中には買い物や家の掃除をよく手伝ってくれていました。つわり時期には食事を作る事が出来なかったので、よく帰りにお弁当などを買ってきてくれていました。2人目以降の妊娠中は、上の子どもたちの面倒をよく見てくれて、休みの日には子供たちと外へ遊びに行ってくれるので一人でゆっくり過ごす時間を与えてくれていました。夫には感謝しています。

22. 匿名 2015/11/08 00:00:17

妊娠後期になると足がつる事が多くなり、夜中に足がつった時に伸ばしてもらいました。お腹が大きくなってきて腰が痛くなってきたときにマッサージしてくれて助かりました。

23. 匿名 2015/11/08 00:03:40

お腹が大きくなってからお皿洗いが大変でした。特にウチのキッチンは低めなので、お皿を洗っているとお腹は濡れるし、腰は痛くなるし・・。主人がお皿は俺が仕事から帰ってきてから洗うから、そのままにしておいて、と言ってくれた時はすごく嬉しかったです。

24. 匿名 2015/11/09 10:07:09

やはり掃除とか買い物の荷物を持つとかはうれしかったですが、一番は出産のときの立ち合いです。横にいて体をさすってもらったり、励ましてもらったりするだけでとても心強かったのを覚えています。

25. 匿名 2015/11/09 10:53:03

妊娠初期、ご飯を作るのがつらかった(匂いがダメなのと下を向くとクラクラした)ので旦那が手伝ってくれました。仕事を続けていたので普段は徒歩で通っていたのですが最寄りの駅までバイク(あまりお勧めできませんが)で送ってくれたのも嬉しかった。あと皆さんがよく書かれていますが、買い物などで荷物持ってもらえるのもすごく助かりました。

26. 匿名 2015/11/10 11:00:51

どなたかも書いていらっしゃいますが、妊娠中はとにかく足がつりやすいので、マッサージは本当に助かります。
腰痛にもなりやすいので、腰のマッサージも助かります。
けれど、一番は、思いやりの気持ちですよね。

27. 匿名 2015/11/10 14:37:30

出産したてです。健診についてきてくれたり、健診報告をそうかそうかと聞いてくれたり、産まれるのを待ち望んでくれたり。当たり前のようで当たり前ではないこれらのことをしてくれて、とても嬉しかったです。
お腹が出ていなくとも、お風呂掃除や重いものを運ぶのは旦那さんにお願いした方が良いです。
すでに貴女一人だけの身体ではないし、お腹が出てきたら、そして子供が産まれたら、ほんのすこしの家事がどれだけ大変か、そのうち一つでも手伝ってもらえることがどれほどありがたいことか。
それを今から旦那さんにもよく分かってもらいましょう!

28. 匿名 2015/11/10 15:58:57

妊娠6ヶ月頃に切迫早産と診断され、自宅安静を言い渡されたことがあります。トイレと食事以外は横になって、お風呂はシャワーのみという、自宅にいながら何もできないのは主婦として辛い日々でしたが、それ以降家事の全てを主人がやってくれました。本当に助かりました。

29. 匿名 2015/11/10 16:02:39

お腹がだんだん目立ってくると、特に私はお風呂掃除とお皿洗いが大変でした。2人目、3人目の妊娠中は、お腹がつかえて大変であることを主人に伝え、お手伝いしてもらいましたよ。家事の負担がほんの少し減るだけでもとても楽になりますし、感謝の気持ちを伝えつつ穏やかにマタニティライフが送れました。

30. 匿名 2015/11/10 18:45:01

妊娠当時は旦那が重たいものは一切持たなくていいからという配慮の元買い物に行くのも全部付き添ってくれて私は一切荷物を持つことがなかったです。
せいぜい2リットルのペットボトルしか持ちませんでした。
他にもいろいろありますがこのことは特に嬉しかったです。

31. 匿名 2015/11/10 20:12:18

男の人は自分の体が変化するわけではないので、親になることをなかなか実感してくれないですよね。
私が嬉しかったのは、妊婦健診やちょっと不安があって病院に行くときに一緒に付いてきてくれたことでした。
「妊婦さんはこういうことに気を付けて」「こういうことはしないように」という話をお医者さんにされると説得力があるみたいですし、夫も自分から「そういうのは危ないから代わりにやるよ」と言ってくれるようになりました。

32. 匿名 2015/11/10 23:00:15

おめでとうございます!
私がやってもらって嬉しかったのは、妊娠が判ってからずっと喜んでくれたこと。あと、妊娠しても結婚記念日を祝うとか、女性扱いを続けてくれたことでしょうか。お腹の子の心配をしつつも
「お腹の子の母親」
じゃなくて、自分の妻として扱ってくれて安心しました。

助かったのは、妊娠後期に私はかなり大きなお腹になったので、
・靴下を履かせてくれる
・お風呂でシャンプーや脚を洗ってくれる
が助かりました。やってくれるとこれからの時期、切実に有り難いと思います。ご主人にお願いしてみては?

これから寒くなるので、お気をつけて下さいね。

33. ゆん 2015/11/11 00:29:44

まだお腹がでない妊娠初期は男性側は実感しにくいものですよね。うちもそうでした。初期は特につわりがありましたし、情緒不安定になりやすかったです。共働きでしたので、たまにですがご飯を用意してくれていることが本当に嬉しかったです。妊婦で普通の状態ではない中、仕事から帰って、食事の支度をするのはしんどいです。惣菜でも良いので、少しでもラクにさせてあげよう、という配慮がよかったのだと思います。

34. 匿名 2015/11/11 00:37:07

私が嬉しかったのは、やはり重い荷物を持ってくれること、電車に乗った時は空いてる席を見つけて座らせてくれたことです。特に初期はなかなか男性には伝わりにくいことが多く、悩んだこともありましたが、お腹が目立つようになったり、いっしょにエコーを見たりすると、なんとなく実感が湧いてきたのか、そのような行動を取ってくれるようになりました(^^)

35. 匿名 2015/12/19 11:40:47

妊娠中つわりがひどく寝込んでいたのですが、ふだんは家の事なんて何もしない主人が、私が具合が悪くて寝てる間に食器を洗ってくれていたり、掃除や洗濯などを何も言わずにしてくれていたのはとても有難かったし嬉しかったです。
つわりに生姜がいいと調べたらしく、生姜の入った食事を作ってくれた時は嬉しすぎました。
その他にもお腹に話しかけてくれたり、重いものを持ってくれたり、妊娠して幸せをとても感じることが出来ました。

36. 匿名 2016/06/05 18:37:10

哺乳瓶を洗ってくれることですね。ミルクを赤ちゃんにあげている方はわかると思いますが、哺乳瓶てすぐに溜まっちゃうじゃないですか。それを溜まったら夫は逐一洗ってくれるのですごい助かってます。

コメント投稿

※本文に画像やツイッター、YoutubeなどのURLを含めることで自動で変換表示されます。埋め込めるURLは1つまでです。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)